6歳の誕生日に贈る、娘への手紙~いつか来る、その日のために~

上の娘が1歳になった時から、毎年誕生日には手紙を書こうと決めていました。

私は育児日記のような、成長記録を残していません。

だから節目となる誕生日には、1年でどんなことが変わったかを、書いておこうと思っていたのです。

誕生日キャンドル

今年の誕生日に娘に渡すのは、ひらがなの手紙だけ。

大人になった彼女に読んで欲しい手紙は、いつか私の元から巣立って行くときに、渡したいと思っています。

求めるほどには甘やかしてやれない彼女のために、こんなにも大切に思っていたことが、いつか伝わればいいなと思っています。

 

スポンサーリンク



 

現在の彼女にむけたメッセージ

のどかへ

おたんじょうびおめでとう。

こんどあきがきて、ふゆになって、はるがきたら、のどかはしょうがくせいになりますね。

だいすきなようちえんも、あとすこしになったね。

まいにちたのしそうな、のどかをみていたら、しょうがっこうも、がんばれそうだなっておもっています。

doll-1187920_640

じぶんのことが、なんでもできるようになって、おふろもひとりではいれるようになりました。

まいにち、どんどんおねえさんになっていくのが、おかあさんはとてもたのしみです。

これからも、のどかがたのしかったことや、すきなこと、いろんなおはなしをきかせてください。

あしたからも、いっしょにようちえんへ、いこうね。

 

おかあさんより

 

 

6歳のあなたと一緒にいる、私からのメッセージ

のどかへ

のどか、お誕生日おめでとう。

今年もあなたの知らない手紙を書く日が来ました。

あなたが1歳になった日から続けているこの習慣も、今年で6回目です。

次女として生まれたあなたは、いつもお姉ちゃんの予定につき合わされ、おまけのように、ちょこちょこと私のそばにいました。

何かをするとき、まず赤ちゃんのようなあなたの手を無意識で探すのは、6年かけてすっかり習慣になったことです。

けどそろそろ、そんな時期が終わりに近づいているのを感じます。

beautiful-931152_640

来年の4月が来れば、あなたは小学生になります。

ずっと手が離れるのが、待ち遠しかったはずなのに。

いざその時が近づくと、今は名残惜しい気持ちでいます。

お姉ちゃんが小学生になって、私と2人で幼稚園へ通うことになった時、あなたは退屈して、さびしがるのではないかと思いました。

けどこの3年間、2人で幼稚園に通うのは、とても楽しかった。

あなたはいつもおだやかな、ぽちゃぽちゃした笑顔で、私の手を握っていました。

2人目で、私の気持ちに余裕ができたことも影響したのだと思います。

そして楽しそうに幼稚園へむかいながら、時々「のどかね、本当はおかあさんと離れるの、ちょっとさびしいのよ。」と言ってくれました。

実際のところ、本気でつらかったことはなかったと思います。

迎えに行ったら、いつも楽しそうに走って来たから。

それでもいつもの場所から離れるさびしさが、ほんの少し、気持ちの中にあったのかもしれない。

それは私も同じでした。

あなたはいつも前を向き、失敗を重ねても上を目指すお姉ちゃんとは、全然違う。

気持ちの弱さでお腹が痛くなったり、体調が悪いと、すぐに気持ちがくじけそうになってしまったり。

なかなか突き放せないもろさが、今でもあります。

とてもがんばりやさんなのだけど。

周りをよく見て、見過ぎてしまって、怖くなってる。

しっかりしろとお尻を叩いて、一人でがんばれと、言える年齢にはなりました。

でもね、今のままでもいいかと思う気持ちが、実は私の心の中にあります。

かわいいからとか、大きくなってしまったらさびしいからとか、それだけじゃなく。

あなたが周りの人たちに感じさせる居心地のよさは、まさにそこから生まれていると思うからです。

あなたのそばにいると、心地いい。

弱っていても慌てていても、忙しくても疲れていても。

楽しい時も悲しい時も。

あなたのそばは、とても柔らかいのです。

それはきっと、あなたの周りにいる人みんなが感じることです。

その柔らかさを、守ってあげたいと思う。

強くなることで失うものがあるなら、今のままでもいいんじゃないかと思う。

外から受ける影響から、あなたを守ろうと思っているわけではありません。

きっといろんなことを吸収して、鍛えられてあなたは強くなっていく。

その過程で、変わっていくこともあるでしょう。

でも残るものがあるなら、それもいいなと思うのです。

きっといつかお姉ちゃんに言われてしまうね。

「おかあさん、のどかには甘い。」って。

それでもいいかな。

悪くないかな。

甘えん坊の大人にしてしまって、あーあって笑おうか?

あなたが幸せになれるなら、私はなんだっていいのです。

のどか、6歳のお誕生日おめでとう。

来年も一緒にお祝いしようね。

 

おかあさんより

 

スポンサーリンク



 

この手紙を読む頃は

この手紙は、早くても16歳、遅ければ20歳をずっと過ぎてから読むであろう、娘に宛てたものです。

その頃の娘に、子どもの立場ではなく、一人の意志を持つ女性として、私と同じ目線で読んでもらいたい。

lotus-1205631_640

16歳なんてまだまだ子供で、20歳を過ぎたってきっと頼りないと思うに違いありません。

きっと私はその時だって、ガミガミ言っています。

けれど未来の彼女には、一人の女性として、最大の敬意と親愛の気持ちを込めて。

その未来のために、今があると信じて書きました。

そしてほんの少し、大人になった彼女が私を必要とした時、もしかしたらそばにいてやれない、力になってやれない未来があるかもしれないと、恐れてもいます。

それでも一緒にいた時間は、こんなにも彼女を想っていたことが伝わるように、私はこれからも毎年手紙を書きます。

 

スポンサーリンク



 

コメントを残す

サブコンテンツ

はじめにもどる