「ねぎらい」の記事一覧

留守番ありがとう〜娘の小さな成長の記録〜

留守番を通して見つめた、長女の成長の記録を残しました。

できなかったことができるようになること。

忘れてしまうだろうけれど、残しておきたい気持ちを、成長した娘への手紙にしました。

蒸し暑い小暑に送る、友人へのご機嫌伺い

梅雨の明けない小暑に、友人に送るお見舞いの手紙を書きました。

これから到来する本格的な夏も、楽しみにできるような前向きなメッセージにしています。

すっかりご無沙汰しています~梅雨まっただ中に送る友人への手紙~

やりとりが少なくなってしまった友人に、ご機嫌伺いの手紙を書きました。

手紙やメールのやりとりができなくなっていても、大切に思っていることに変わりはありません。

細くても、つながっていたい気持ちを届けます。

昇進おめでとう~友人に送るお祝いのメッセージ

昇進した友人に、お祝いのメッセージを書きました。

重くなる責任を感じている友人に、これからも自分らしく進んでほしい気持ちを込めました。

みんな、「いつものあなた」を必要としているのです。

慌ただしい12月に送る感謝の手紙~師走のねぎらい~

日に日に慌ただしくなるような時期でも、1年が終わる前にありがとうを伝えたい人がいます。

与えてくれた幸せや、かけてくれた言葉に感謝して、今年も安らかな気持ちで1年を締めくくることができるよう、願いをこめてメッセージを書きました。

霜降の夜に送る、北国の友人への手紙~足元に気をつけて~

秋が来たと思っていたら、北国は初雪のニュース。

札幌に住む友人に、気がかりを伝える手紙を書きました。

寒さは分かち合えないけれど、気持ちは寄り添っていることは伝えたいのです。

試験お疲れさまでした~発表前に送る友人へのメッセージ~

資格試験の終わった友人に、お疲れさまの手紙を書きました。

気になるあれこれを片づける前に、たっぷり休んでほしい気持ちを伝えます。

夜勤お疲れ様でした~がんばる友人へ、ねぎらいの手紙~

夜勤明けの友人に、お疲れさまの手紙を書きました。

一晩中はりつめていた気持ちを、少しでもリラックスできるよう、気持ちが軽くなるような内容にしています。

コーヒー一緒に飲みましょう~10月のはじまり、友人に送る手紙~

10月のはじめ、友人に送る手紙を書きました。

空気が少しずつ冷たくなり、ホットコーヒーがおいしくなる季節。

ちょっとひと息、休憩中のおしゃべりみたいなカジュアルな手紙です。

義両親に贈る敬老の日の手紙~小学生の子どもと一緒に~

義両親へ、敬老の日の手紙を書きました。

普段接していない分、嫁からだけでは味気ない。

子どもたちのハートフルなメッセージで、とてもあたたかな手紙が完成しました。

試験勉強がんばって!~友人に送る応援メッセージ~

試験勉強中の友人に、応援の手紙を書きました。

合格の知らせを聞くまで、そっとしておくだけが応援じゃない。

がんばりを見てきたからこそ伝えられる気持ちを、メッセージにしました。

少しずつ、秋の深まりを感じます~白露に送る友人への手紙~

日々秋が深まる時期、友人への手紙を書きました。

気温はまだまだ高いのに、冬の入り口に立ったような気持ちになる白露。

体を大切にしてほしいから。これからは季節の変化を感じるたびに、気持ちを伝えるメッセージを送ります。

台風の日に、ママ友をねぎらう手紙~やっぱり警報出ちゃったね~

台風で警報が出た日、ママ友をねぎらう手紙を書きました。

メールやLINEで送る短いメッセージと、ぽっかり空いた時間に、のんびり送る長めのメッセージです。

お天気が落ち着いたらランチに行こうね、のお楽しみつき。

あっという間に秋ですね~三十三回忌を終えた祖母への手紙~

三十三回忌の法要を終えた祖母に、ご機嫌うかがいの手紙を書きました。

ひとり暮らしでも、いつでもしゃんとしている祖母が、大役を終えて空っぽになったような、そんなさびしさを感じています。

おばあちゃん、楽しいことはまだまだ。33年間のがんばりをねぎらい、また前向きになってほしい気持ちを届けます。

今日も1日ご安全に~友人に送る、台風の日の手紙~

例年にないルートで、台風が関東へ何度も上陸しています。

都心で働く友人が、今日も無事に1日過ごせるように、願いをこめてお見舞いの手紙を書きました。

まだ使い慣れない「ご安全に」の言葉で、心からのメッセージを伝えます。

なんだか寂しくなるのです~友人に送る、夏至の日の手紙~

6月21日、夏至の日に友人に送る手紙を書きました。

一年で一番日が長いとは言え、これからはまた冬に向かう折り返し地点。ちょっとだけ、寂しい気持ちになってしまいそうな時は、大好きな人たちとのおしゃべりを思い出します。

早いもので、もう梅雨入りですね~友人へ送る雨のご機嫌伺いの手紙~

さわやかな5月に別れを告げた途端の梅雨入り。

わかっていても憂うつな季節に、大切な友人へご機嫌伺いの手紙を書きました。雨があがった後には、きっとすてきな季節が待っているはずです。

父の日に伝えるたくさんのありがとう~追いかけた背中に学んだこと~

父の日に、実家の父に贈るメッセージを書きました。

普通のお父さんとはちがっていた父だったからこそ、学んだこと。感謝の気持ちは受け継いだもので返します。元気で見ていて欲しい気持ちを伝えました。

快晴の芒種に夏への期待をこめて~友人に送る6月初めの手紙~

6月の初め、梅雨入りする前の気持ちのいい時期に、友人に手紙を書きました。

もうすぐ迎える夏の期待をたっぷり込めて、元気で過ごしてほしい気持ちを伝えます。

術後の経過はどうですか?~おばあちゃんに送るお見舞いの手紙~

手術の後、自宅で療養中の祖母にお見舞いの手紙を書きました。

痛みはずいぶん引いたようでも、まだ生活には不自由なこともあるようです。前向きな祖母には、過剰ないたわりよりも、激励のメッセージを送ることにしました。

サブコンテンツ

はじめにもどる